メインコンテンツへスキップ

Hello World🎉

·1163 文字·3 分·
その他
金聖皓
著者
金聖皓
目次

こんにちは。これは僕の最初のブログです。
#

このサイトはどのように作られていますか?
#

僕の個人用サイトは、GitHubの個人用静的ページホスティングサービスと静的ページ構築ツールHugoを組み合わせて作成されました。
詳細については、次のキーワードを検索してください:

  • GitHub Pages
  • Hugo

銀の龍の背に乗って——中島みゆき(テストテキスト)
#

あの蒼(あお)ざめた海(うみ)の彼方(かなた)で

今(いま)まさに誰(だれ)かが傷(いた)んでいる

まだ飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに

僕(ぼく)はこの非力(ひりき)を嘆(なげ)いている

急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ

急(いそ)げ傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ

まだ飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに

僕(ぼく)はこの非力(ひりき)を嘆(なげ)いている

夢(ゆめ)が迎(むか)えに来(き)てくれるまで

震(ふる)えて待(ま)ってるだけだった昨日(きのう)

明日(あした) 僕(ぼく)は龍(りゅう)の足元(あしもと)へ

崖(がけ)を 登(のぼ)り

呼(よ)ぶよ「さあ、行(ゆ)こうぜ」

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

届(とど)けに行(ゆ)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

運(はこ)んで行(ゆ)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を

失(うしな)うものさえ失(うしな)ってなお

人(ひと)はまだ誰(だれ)かの指(ゆび)にすがる

柔(やわ)らかな皮膚(ひふ)しかない理由(わけ)は

人(ひと)が人(ひと)の痛(いた)みを聴(き)くためだ

急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ

急(いそ)げ傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ

まだ飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに

僕(ぼく)はこの非力(ひりき)を嘆(なげ)いている

わたボコリみたいな翼(つばさ)でも

木(き)の芽(め)みたいな頼(たよ)りない爪(つめ)でも

明日(あした) 僕(ぼく)は龍(りゅう)の足元(あしもと)へ

崖(がけ)を 登(のぼ)り

呼(よ)ぶよ「さあ、行(ゆ)こうぜ」

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

届(とど)けに行(ゆ)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

運(はこ)んで行(ゆ)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

運(はこ)んで行(ゆ)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って

銀(ぎん)の龍(りゅう)の背(せ)に乗(の)って



⏳